タブレット書道体験会@ギャラリーカフェジョルジュ

I held a tablet calligraphy workshop on May 29 at Café George in Soshigaya-okura.
Editors of historic calligraphy magazines visited there to gather information.
It’s not easy to save works written in water on practice paper because they’ll disappear when dry, so pictures should be taken immediately.
Data, on the contrary, is easy to save and dispose of.
The magazine editors were interested in me because I am a qualified teacher who is willing to spread calligraphy through IT without being totally dependent on young students.
They were surprised to find that the Apple pen works almost the same as a real brush.

タブレット書道のワークショップを5月29日に大学の先輩の経営なさる祖師ヶ谷大蔵のカフェジョルジュで開催いたしました。
由緒ある書道の雑誌の編集者が、取材に来てくださいました。
水で書く習字練習だと、すぐ写真を撮らないと保存ができませんが、タブレット書道だと消すのも保存も自由ですねとおっしゃっていました。
IT化を若者に任せきりにしない書道師範と言う切り口の取材もありました。
少し練習が必要ですが、筆とほぼ同じに書けることに驚いていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP
Message Us