I won a prize of excellence (秀逸) at the 2020 Nisshoten Calligraphy Exhibition.

Sam from the U.S.A. who comes regularly to learn calligraphy and Ms. Suzuki who comes to learn calligraphy and English and teaches tea ceremony to foreigners came to see the exhibition.
A bracken fern sprouting above a gushing waterfall reminds me that Spring has arrived.
Shiki no Miko
Manyoushu
I also won a prize of excellence (秀逸) at the 2020 Nisshoten calligraphy exhibition

1月4日から10日に東京都美術館で開かれている日書展のかな部一科で、光荘会の先生方のご指導のおかげで、やっと秀逸賞をいただくことができました。
岩ばしる垂水の上のさわらびの萌えいづる春になりにけるかも
志賀皇子 万葉集
岩の上を激しく流れる滝のほとりではワラビが芽を出してくる春になったことだなぁ
人類学者、思想家の中沢新一さんが「日本文学の大地」(角川学芸出版)の中で、この句のように「自然と文化が分離されない事」が日本の古典を生んだ心的空間の最大の特徴と説いています。
「古典文学にこそ、クールジャパンの源流がある」と。
萌えの原点です。

PAGE TOP
Message Us